TotalView for HPC の新機能

安全で堅牢なコードを書くには潜在的な問題点を早期に発見し、様々な開発環境にスムーズに適合し、リリーススケジュールを遅らせないためのツールを利用することが必要です。TotalView は広範なプラットフォーム、開発言語、コンパイラをサポートします。

TotalView 2017.3

新バージョンの詳細や過去のリリース情報、その他ドキュメンテーションは、以下をご参照下さい。


インラインコードと最適化されたコードのデバッグを改良

インライン関数をデバッグする方法が大幅に改善されました。 TotalViewは、インライン関数内部でステップ実行したりローカル変数を表示できるようになりました。

Evaluation ポイントのパフォーマンス

TotalViewはほぼ全ての Evaluation ポイント式をTotalView server内で評価するようになり、より高速なパフォーマンスを提供します。一部の式は、式や変数の複雑さに応じて、デバッガのフロントエンドで評価する必要があります。

CUDA 9

TotalViewは、CUDA SDKの最新リリースCUDA 9に対して検証されています。

CIプロセス内でリーク検出とリバースデバッグ

CIプロセス内にリーク検出やリバースデバッグを統合するための使い方を説明した記事、スクリプト、サンプルコードといったリソースを提供していますので、テストの失敗を迅速に解決する方法を学ぶことができます。これらのリソースは製品のインストールディレクトリのexamples / CIExamplesにあります。

NextGen TotalViewユーザーインターフェイス (UI)へのアーリーアクセス

NextGen UIは、機能の追加を続けており、アップデートされた機能についてTotalViewユーザのみなさまからフィードバックをいただいています。新しいUIを試すには、以下のように -newUIオプションを使用してTotalViewを起動します。

totalview –newUI

新しいUIの詳細については、製品内のin-productヘルプメニューから、 Help | Contents を参照してください。今回のリリースで NextGen UI に追加された新機能は次のとおりです

現在、新しい UI は、Linux x86 64 bit、Linux PowerLE、Linux ARM64、AppleのmacOS プラットフォームでサポートされています。マルチプロセスおよびマルチスレッド、MPIおよびCUDAレベルの並列デバッグをサポートします。 この新しいUIにまだ採用されていない機能は、コマンドラインインターフェイス(CLI)を介して利用できます。新しいユーザーインターフェイスに関するフィードバックや優先的に対応して欲しい機能のリクエストなど、tv-beta@roguewave.com までお送り下さい。今後対応する機能の参考にさせていただきます。

詳細は、TotalViewのリリースノートをご覧下さい。


紹介動画: PythonとC++の両方で書かれたアプリケーションをTotalViewで混合デバッグ
 

ローグウェーブが提供する Capability