DB Link の機能

C++ アプリケーション用のシンプルなデータベースインターフェース

DB Link には、シンプルなC++インターフェースを通じて利用可能な、さまざまな関係型データベース管理システム(RDBMS)のあらゆる機能が含まれています。簡単に複数のデータベースへ同時接続できます。

シンプルなインターフェース

無駄のないアプローチにより、RDBMS データベースアクセスを完了させるためのコンセプトを素早く習得できます。 DB Link は以下をカプセル化した3種類のクラスのみを使用します。

  1. 現在の接続
  2. あらゆる入出力データ処理およびクエリ処理
  3. エラー処理機構

インターフェースはRDBMSから独立しているため、数行のコードを追加するだけで、開発しているアプリケーションが複数のデータベースからデータを取得したり変更したりできるようになります。

複雑な接続

複雑かつ複数のデータベース操作を統一された方法でサポートします。DB Link は複数の命令実行と接続をサポートしており、アプリケーションが以下の動作を同時に行えるようにします。

完全な移植性

自由に選択や変更ができます。コードの移植性が高く、RDBMS へのAPI が独立しているおかげで、データベースベンダーや異なるOSへ容易に変更できます。
アプリケーションは特定のRDBMS をターゲットにすることもできますし、実行時のRDBMS接続から独立したかたちでビルドすることもできます。

効率的な実装

最適化された接続およびアクセスサービスにより、データ転送とクエリバインディングを効率的に処理するため実行コストを最小化します。