rw-oss-report-lpbanner2016-vf_jp.jpg

オープンソースパッケージに対するスキル不足やサポート体制の不備が原因で、納期の遅れや本番環境での障害発生を経験したことはありませんか?

近年、ソフトウェア開発プロジェクトにおいて、オープンソース・ソフトウェア(OSS)が利用される機会が非常に増えてきています。一方で、OSSを利用したシステム構築・運用に対して、効率的なサポートを提供できるスキルセットの構築や仕組み作りは、OSS利用者の共通の課題であるといっても過言ではありません。

このような課題に対して、ローグウェーブはワールドワイド数百社のお客様に対してOSSテクニカルサポートを提供しています。

今回、ローグウェーブではOSSテクニカルサポートに対する問い合わせデータを元に、開発現場におけるOSSの利用状況、サポートに寄せられた問い合わせ内容等を独自に分析し、OSSを利用したソフトウェア開発現場が抱える課題や、課題に対するソリューションを紹介する「オープンソースのサポートに関するレポート」 を発行しました。

ダウンロードいただけるレポートでは、以下のトピックがご覧いただけます。

  • オープンソースがテクノロジーを変革!
  • 開発者がOSSを選択する上で重視する条件
  • 入手 ”フリー” なオープンソースコードを活用するための"実際コスト"
  • サポートに最も問い合わせが多いOSSパッケージ
  • なぜオープンソースにサポートが必要か
  • オープンソースサポート利用者の声
  • その他

本レポートをダウンロードいただき、OSS活用のためのベストプラクティス構築の資料としてご活用ください。
※右のフォームにご入力いただくと、すぐにダウンロードできます!!!

また、ローグウェーブの OSS テクニカルサポートの詳細、対応OSSパッケージリストは「ローグウェーブのOSSテクニカルサポート」のページをご覧下さい。

レポート
ダウンロード